アフターピルを飲んだのに妊娠するのはどうして?

アフターピルは緊急避妊の方法で臨まない妊娠を防ぐために用いられるピルです。性交渉を行ってから72時間以内に服用することが重要でそれ以降の服用は効果がほとんど出ないので服用する場合はできるだけ早く服用することをおすすめします。
アフターピルにはプラノバール錠とノルレボ錠の2種類が存在し用法が異なります。プラノバール錠は1回に2錠服用し12時間後にまた2錠服用する必要があります。ノルレボ錠は1回に2錠服用するだけで終了になります。またノルレボ錠は性交渉後120時間までは避妊を行える可能性がありますので72時間を超えていても医師に相談してみましょう。

アフターピルは正しく服用すると約80%の確率で避妊を行うことができます。100%避妊できるわけではなく、さらに服用失敗によって妊娠してしまうこともあります。服用の失敗原因はタイムリミットを過ぎてからの服用以外にもプラノバール錠の場合には2回目のピルの飲み忘れや服用してから2時間以内に嘔吐してしまった、そもそも以前の性行為ですでに妊娠していたことなどが挙げられます。
プラノバール錠の2回目の服用を忘れてしまった場合は避妊率が大きく下がってしまうので飲み忘れに気付いた時点ですぐに服用するようにしましょう。2時間以内の嘔吐が考えられる理由として副作用による吐き気をもよおす方がおられます。実際に嘔吐してしまう方もおられ、それが服用してから2時間以内の場合には薬の成分がしっかり吸収されていない可能性があるので嘔吐してしまった場合にはまず医師に連絡して指示を受けましょう。またアフターピル服用後の性交渉によって妊娠することもあります。緊急避妊を成功させる為に次の生理がくるまで性交渉は行わないようにしましょう。

ピルは誰でも飲めるの?

ピルについて考える女性ピルは避妊を筆頭に生理不順などの女性特有の悩みを防止するなど女性の身体に関わるトラブル解決・美肌や美髪など美容面でも活躍できる、女性にとって頼りになる優秀な薬と言えます。効果や目的は違っても服用する方は多く、日本だけでなく各国でも多くの女性が服用しており、病院での処方だけでなく女性をターゲットにした美容クリニックでも使われています。
ここで気になるのはここまで効果があり知名度があるピルは誰でも飲んでも良いのかと言う点ですが、特定の条件に当てはまる方は飲んではいけない、又は考えなければいけません。ではどのような方が制限があり服用を控えるべきなのでしょうか?

高血圧、糖尿病にかかっている・肝障害がある
ピルを服用すると肝臓に負担がかかる、糖尿病の薬の効果が増す、血が凝固しやすくなるのでこれらの症状にかかっている(もしくはかかっていた)方は服用を控えた方が良いでしょう。
喫煙が多い
35歳以上なら一日15本くらいまで、40歳以上なら殆どタバコを吸わないという条件があります。何故タバコがいけないかと言うと、タバコもピルも血液を固まりやすくするという性質があるので、両方同時に使用すると血栓症になりやすいというリスクがあるからです。ヘビースモーカーの方にとっては完全に禁煙しろと言われても難しいので、少しずつ吸う本数を減らすことから始めましょう。
40歳以上の女性
上述のタバコを吸う・吸わないに関わらず、この年齢になると心筋梗塞などの心血管系障害が起こりやすくなるからです。しかし、タバコを吸わない、血圧は普通、肥満体という条件をどれも満たしていない方なら服用してもあまり問題はないでしょう。ただし専門クリニックに通院して相談する事をおすすめします。

他にも妊娠中、手術や出産直後など身体がデリケートな状態になっている方も注意が必要です。いずれも服用前に医者に相談する事が一番でしょう。

ピルを飲み続けると子宮内膜症を改善できる?

子宮内膜症という女性特有の病気をご存知ですか。女性の子宮には赤ちゃんを育てるための子宮内膜という部分があります。これは生理の際に剥がれ落ち、出血とともに体外に排出されるのが通常の月経なのですが、これが上手くいかない場合があります。そうなるとこの子宮内膜が他の臓器にできたり、女性ホルモンの影響でそれらが増殖したり剥離を繰り返すようになります。すると酷い痛みが生じるようになってしまうのですが、これが子宮内膜症です。

低用量ピルの画像そんな子宮内膜症の治療法には手術や薬物治療、ホルモン治療がありますが、手術の場合は体に負担をかけてしまいますが、実は低用量ピルも効果的とされています。低用量ピルと言うと、避妊や重度の生理諸症状やPMSの改善に用いられるイメージですが、実は飲み続けると子宮内膜症を改善する効果もあるのです。
なぜなら低用量ピルには排卵を抑制する効果があるからです。なぜ低用量ピルには避妊や生理諸症状を改善する効果があるのかというと、これには女性ホルモンをコントロールする効果があるからであり、子宮内膜症も女性ホルモンが影響して増殖、剥離を繰り返します。しかし、ピルを飲み続けると排卵をしないように女性ホルモンの分泌を抑制するため、内膜の増殖・剥離を抑えることになり症状を改善することができるのです。

このように低用量ピルには女性ホルモンの分泌をコントロールする作用があるため、子宮内膜症の症状を改善する効果があります。そのため内膜症による酷い痛みで悩んでいる方にはおすすめですが、持病によっては使えない方もいるので、使用したい場合はまず担当医に相談することをおすすめします。