アイピルは精液が漏れた時に避妊をする目的の薬

アイピルというのは避妊をしていたけれども、アクシデントによって精液が漏れてしまったというときに使う目的の薬です。そのため、常時アイピルに頼った避妊というのは避けなければなりません。
避妊の方法というのは様々なものがありますが、一番手軽で確率が高い方法がコンドームを使用することです。女性の膣内に精液が入らなければ、妊娠をしようがありませんから精液が入るのを防ぐコンドームは避妊率の高い方法となります。
しかし、コンドームといえど確実な方法ではありませんから途中で外れてしまったり、破れてしまって精液が漏れてしまうということもあります。コンドームを付ける前に挿入をして男性が我慢できずに、精液を漏らしてしまうということもありますから、このようなときには性交後にできる避妊としてアイピルが用いられます。

アイピルは性交後72時間以内であれば避妊効果があるとされ、服用が早ければ早いほど高い効果を期待することができます。一錠飲むだけで避妊効果があるので、その後飲み忘れるということもないため緊急避妊薬としては非常に使いやすい薬となっていますが、強い薬なので女性にとっても負担の大きなものとなってしまいます。
そのため、万が一避妊に失敗をしてしまって望まぬ妊娠を避けるためにアイピルを服用するというのであれば問題ないのですが、最初からアイピルありきの避妊は負担が大きく危険なので避けましょう。あくまでも緊急避妊薬であるため、常用するものではないので常用するのであれば低用量ピルなど専門の薬があるのでそちらの方を使う必要があります。
このような薬は使い方を守らないと健康被害がもたらされる恐れもあるので、正しい使い方を守らなければいけません。