アフターピルの使用を間違えないように!

結婚していても、まだ仕事が忙しかったり二人の時間を満喫したいと考えている場合は、赤ちゃんができないように避妊しておくこともあります。万が一避妊に失敗してしまった場合に役立つのがアフターピルですが、使用方法を間違えるときちんとした品効果を得られないこともあるので注意が必要です。
アフターピルの使用について教える女性
アフターピルは、一般的に性行後72時間以内に服用すれば避妊効果が得られると言われています。しかしこの72時間というのはあくまでも目安であり、時間が経過すればするほど避妊効果は低くなってしまいます。できれば24時間以内に服用するのが望ましいとされており、72時間ギリギリになってしまうと妊娠する可能性もゼロではありません。このため、アフターピルを飲むから大丈夫だと何時間も放っておくのではなく、避妊の失敗に気付いたら少しでも早く婦人科を受診してアフターピルを処方してもらうことが大切です。
また、アフターピルは服用する際にも一般的なピルとは違った特徴があります。1錠目を服用した12時間後に2錠目を服用しなければならないタイプなど、商品によって服用方法や副作用なども異なるので、使い方を間違えやすいのが問題点だと言えます。最近は間違えが無いように1錠のみで効果を得られるタイプや副作用が小さい商品なども販売されるようになってきましたが、確実な避妊をしたいなら自己判断で使用するのではなく、婦人科の医師に診察してもらって使用上の注意やアドバイスなどをきちんと受けるようにしましょう。医師の処方であれば、万が一副作用が出た場合でも迅速に対応してもらえるので安心感があります。大切な自分の身体のことなので、油断することなく慎重に使用することが大切です。