アフターピルや低用量ピルの効能と入手方法

きちんと避妊したつもりでも、妊娠していたらどうしようと考えている女性もいるはずです。妊娠するつもりはなかったのにでは、手遅れになることも。

インターネットでも販売されていますが、産婦人科できちんと処方してもらって入手することもできるため、ネットで買うよりも気持ち的に安心もできるでしょう。
性行為をする全ての女性はそうなる前に、アフターピル低用量、避妊の知識を身につける必要があります。
無責任な行為は悲しい結果を生んでしまいます。心身共に大きな負担を抱えることになるのは女性であり、人生を大きく変えていく事でもあるので気を付けましょう。

アフターピルは性行為後でも使用出来る避妊薬です。よく耳にするのは、コンドームの破れ、脱落、コンドームが途中で破れてしまう事です。そんな緊急時に使用出来る緊急避妊法ですが、確率は100%ではありません。

アフターピルは望まない妊娠を防ぐ最終手段だと考えて下さい。アフターピルはホルモンバランスを急激に変化させる事で排卵を抑制、遅らせる事で受精を防ぎ、妊娠を防ぎます。
子宮への受精卵の着床を阻止し、およそ80%以上の確率で妊娠を回避します。アフターピルは中絶とは異なるので、受精卵が着床してしまった後から服用しても効力はありません。

主な副作用は嘔吐、胃のむかつき、頭痛など、個人差に異なります。性行為後72時間以内の服用です。使用方法を間違えると効果が半減してしまうので注意が必要です。卵子に精子が到着し、受精して着床する事を防げるぎりぎりの時間です。
対処が早ければ早いほど効果が高くなると言われていますので望まない妊娠を避けたい場合は、性行為後72時間以内に産婦人科を受診しましょう。