低用量ピルは食後に服用する

低用量ピルを服用する女性
これから低用量ピルの服用を検討している場合、どんな風に飲めばいいのか良く分からないという人も少なくありません。基本的にはサプリメントのように決めた時間に毎日一錠ずつ飲んでいくだけです。時間帯は食後でも寝る前でも構いませんが、とにかく同じ時間に飲むということが重要になってきます。
また、他にも低用量ピルを利用する時の注意事項があります。それは喫煙です。女性でも近年はタバコを吸う人が増えてきています。吸う事自体は個人の裁量なのでいいのですが、ピルの服用を検討しているのであればかなり相性が悪いものだと思って差し支えありません。同時に利用すると血栓症のリスクが高まってしまうのです。

血栓症と言うのは、血液中に血栓という血の塊ができて血管を塞いでしまう病気の事です。血管を塞ぐといわれてもイメージが湧かないかもしれませんが、最終的に脳卒中や脳梗塞を引き起こすかもしれない可能性が高まると思えば、その恐ろしさも分かるのではないでしょうか。
本数は1日15本以上吸っているのであれば禁忌とされる薬なのですが、ピルを服用したいと思うのであれば、これを機に禁煙した方が良いでしょう。

低用量ピルを間違いなく服用を続けるこつとしては、やはり食事の前後などの分かりやすい時間帯にしておくことです。これまでタバコを嗜んでいた場合、食後には一服と考えたくなるかもしれませんが、服用をする際にはそれはしてはいけないものだと覚えておきましょう。
毎日飲み続け、シートを何枚か飲み終える頃には禁煙にも慣れてスッキリしていることでしょう。女性自身が自分で心身を守るためにも利用できる低用量ピルには、服用時の注意もあるのでしっかりと守りましょう。