危険の少ないアフターピルのスタート方法

様々な事情によって赤ちゃんを育てられないカップルの場合、性行為の際には避妊を行うのが一般的です。避妊には様々な方法がありますが、ポピュラーなのはコンドームや低用量ピルです。どちらも正しく利用していれば高い避妊効果を得ることができるのですが、使用中にコンドームが破れてしまったりピルを飲み忘れるなどして正しい避妊効果を得られないことも多くあります。過信していると危険なので、もし行為後に不安を感じればアフターピルなど他の避妊方法を実践することが大切です。

アフターピルとは、その名前の通り性行後に服用することで妊娠を防ぐことができる経口避妊薬のことです。先述したようにコンドームが破れるなどした場合、成功から72時間以内に服用すれば緊急で避妊効果を得ることができるのです。正式にはモーニングアフターピルや緊急避妊薬などと呼ばれ、正しく使用すれば約80%ほどは避妊効果を得られるとされています。ただ、避妊するためには服用をスタートするタイミングや飲みかたに注意する必要があります。
基本的には性行後72時間以内に1錠目を服用し、それから12時間後に2錠目を服用することになります。最近では1錠の服用のみで効果を得られるタイプの商品も取り扱われていますが、使用に当たっては他のものと同じく医師の指導を受けてから服用したほうが安心です。服用するのが早ければ早いほど避妊効果が高くなり、時間が経つごとにその効果は低くなってしまいます。
少しでも早く服用をスタートさせることが大切なので、万が一避妊に失敗した場合はすぐに婦人科を受診するようにしましょう。妊娠の危険を少しでも下げるためには、アフターピルに頼るのではなく日ごろから低用量ピルなど複数の避妊法を実践しておくと安心です。