正しい避妊は生ビールで膣内洗浄ではなくアフターピル

世の中には正しくない情報が溢れています。その情報を信じた結果、人前で恥をかくだけで済むこともあれば取り返しがつかない場合もあります。性に関する情報も同じです。性行為はそもそも生殖活動、つまり子孫を作るための行為です。そのため、きっちりとした避妊をしなければ健康な男女であれば妊娠する可能性があります。

避妊に関する情報にも嘘や偽りが多々あります。例えば、コンドーム無しで挿入しても膣内で射精しなければ妊娠しないと言う話がありますが、これは大きな間違いです。俗に先走り汁や我慢汁などといわれるカウパー腺液にも精子が微量ながら含まれているので妊娠の可能性はあります。仮に膣内に射精しても、コーラや生ビールで洗えば心配ないなどという俗説もありますが、これも全く根拠がありません。膣内の衛生状態を悪くすることはあったとしても避妊に繋がることはないので、絶対に止めてください。

もし妊娠を望んでいないにも関わらず、膣内射精をされてしまったり妊娠の恐れのある行為をしていた場合、アフターピルを服用しましょう。アフターピルは妊娠の恐れがある行為をしてから24時間以内なら95パーセント以上の確率で避妊できます。また危険な行為から数日は避妊効果がかなり期待できますので、服用するといいでしょう。
アフターピルは産婦人科で受診すれば処方してもらえますが、持病などの関係で服用すると危険な人もいるので医師と相談してください。間違った避妊の知識は、取り返しのつかない重大な結果を招きます。とくに女性は出産が命がけであることを忘れてはいけません。正しい避妊の知識を持って豊かで楽しい性生活を送りましょう。