胆汁性の病気かチェックしてからのアフターピルの服用

もしも性交渉した相手に病気があると、妊娠してしまった場合には胎児に病気が感染してしまっている可能性があります。これからパートナーとセックスする予定がある女性は、相手に病気がないかチェックした上で避妊を行うことがおすすめです。
特にセックスすると感染してしまう可能性が高い病気に、胆汁性の肝炎ウイルスがあります。胆汁性の肝炎ウイルスは母体から胎児への感染率も高いので、妊娠を望まないのならしっかり避妊するようにします。

避妊方法としては色々ありますが、妊娠の確率を下げる効果が優れているものを選ぶのなら、アフターピルの利用が一番です。アフターピルはセックス後の72時間以内に飲むことで、消退出血を起こして髙い確率で子宮への着床を防いでくれます。
このピルは性交渉前に飲んでおくのも、対策方法として効果があります。早く飲めば体に効き目が出るので、妊娠の危険をより低下させてくれます。ピルは医療薬品扱いとなるので、購入するには医療機関を受診する必要があります。避妊対策のための言うと処方はしてもらえないことがあるので、月経前の症状の緩和改善などの目的で処方してもらいましょう。

アフターピルは排卵機能や子宮内膜の機能に働きかけて、受精卵の着床を妨害するので最も効果的な避妊方法となります。
完璧に妊娠しないようにするには、子宮にリングを入れるなどがありますが、それは体に大きな負担がかかります。予防策としてピルはいつも持ち歩くようにしましょう。服用して消退出血が起これば、完全に避妊ができたことになります。人工的に無理に子宮から出血させるので、出血量が多くなる可能性があります。服用後は貧血にならないように、気を付けるようにしてください。