高校生も使用可能なアフターピルと卵巣機能不全の関係

アフターピルは、何らかの事情で、避妊に失敗してしまい、妊娠を避けるために作られた避妊薬で、受精卵の着床を防ぐことができ、性行為後72時間以内に服用することで、緊急的に妊娠を防ぐことができます。
服用方法は、妊娠する可能性がある性向後にピル1回目を72時間以内に服用し、2回目を1回目の12時間後に服用します。72時間いないに服用することで、妊娠の成立を回避できる確率は、80パーセントといわれています。服用が早いほど効果が高くなりますから、より高い効果を得るために、24時間以内に服用することがベストです。

アフターピルは病院でも処方されますが、最近は通販でも手軽に購入することができるようになっています。ただ初めてピルを服用する場合には婦人科で診察してもらい、適切なアフターピルを処方してもらうことをおすすめします。
最近では高校生などの若い世代でも性交渉を行っています。た、きちんとした避妊を行っていないため、望まない妊娠をしてしまい、中絶手術を行うというケースも少なくありません。
そういった場合にアフターピルを持っていれば、避妊に失敗したあとでも妊娠を防ぐことができます。

ピルというと、避妊薬というイメージが強いかもしれませんが、生理痛や月経前症候群、子宮内膜症、卵巣機能不全などの婦人科系の疾患の治療薬としても使用されています。
ピルには、女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンが配合されていますから、服用することで、体内の女性ホルモンのバランスを整え、毎月の生理によって子宮を酷使していますから、ピルによって排卵をストップさせることで、子宮を休息させることでき、卵巣機能を復活させることができます。